働き方改革の流れに合わせた勤怠管理とは?

働き方改革のトレンドに合った勤怠管理の必要性

労働基準法で、会社組織は、勤務する時間を正しく把握するなど、勤務する時間を管理する義務があります。 しかしながら今の状態では、勤務する時間の把握に関係する自己申告制の不適正運用等に呼応して、過重な長時間にわたっての労働、あるいは割増賃金の未払いといった課題が生じています。 また、直行直帰やテレワークなど、社員の多種多様なワークスタイルによって、会社組織は労働時間をきっちりと管理することが難しくなっています。将来的に、社員の多様なワークスタイルを受け入れる会社組織にとって、きちんとした勤怠管理が肝要になってきます。 その為に用いたいのが勤怠管理システムです。働き方改革の流れに合わせた勤怠管理が重要性を増しています。

働き方改革をアシストする勤怠管理システム

将来的に、社員の多種多様なワークスタイルを受け入れていく会社組織にとって、しっかりとした勤怠管理が一番重要となります。 そのため用いたいのが勤怠管理システムです。さまざまな雇用や勤務システムに応対し、出退勤に加えて、勤務日数並びに就労時間などを数値化し、社員の勤怠状況を手際よくとらえることできます。 確実な勤怠データー数値であるため、残業未払といったトラブルに歯止めをかけることも見込めます。会社組織は働き方改革を推し進めるために、テレワークの様なさまざまな働き方への対処が必須とされています。それに加えて、業種によりましては、フレックス勤務制度、或いはみなし残業制度など、種々ある勤務スタイルへの対応が求められます。