就業規則にはこう書いてある!では、実際の勤怠管理は?

勤務管理には、タイムレコーダーは必要

会社には多くの人が働いています。すべての社員の勤務管理を上司一人でするのは無理です。そこで活躍するのが、タイムレコーダーです。タイムレコーダーがあれば、社員一人一人勤務務管理ができます。遅刻が多い社員もすぐに確認できるし、残業時間の管理も楽です。
例えば、遅刻しそうな社員がいても、お互い話を合わせてごまかすこともできるし、残業手当を多く申請するなど、会社にとっては利益にならないことがあります。
就業規則にあった勤怠管理が基本です。タイムレコーダーがなかった時には、遅刻していてもわからなかったり、残業時間を多く申請されていたのが、あたりまえだった会社でも、タイムレコーダーを導入して、社員の勤務管理をしましょう。

これからの勤務管理はどうなる?

これからの勤務管理には、スマホでわかる時代がくるかもしれません。
会社のパソコンと連携して、勤務時間がすぐにわかるようになったり、リアルタイムで勤務時間が確認できる利点があります。
会社のパソコンと連携すると良いこともあります。
例えば、残業の多い社員には、本社から連絡があり、
<今月は残業が多いので、体調はどうですか?>
<遅刻が多いので、勤務時間の変更をしましょうか?>
など、社員一人一人の勤務管理をできるでしょう。
逆に悪いこともあるでしょう。休みや遅刻が多い人などもすぐにわかってしまうので、会社内での査定に関係してくるかもしれません。
今後は、タイムレコーダーだけではなくて、いろいろな勤務管理の方法が出てくるでしょう。