就業時間、残業時間はタイムレコーダーがあれば管理できる!

出勤や退勤の時に操作してもらう

会社などには就業規則があり、それに従って勤務をしてもらいます。全員が勤務日の始業時に出社し、終業時に帰路についてくれるなら全く管理の必要はありません。しかし全員がきれいにそろったり終業時に帰宅するような会社は少ないでしょう。勤務日に休む人もいれば遅刻する人もいます。仕事が残っている人は残業があります。それらの管理をするのに使えるのがタイムレコーダーです。会社などの入り口に設置しておき、入り口を通るときに操作をしてもらいます。よくあるのはタイムカードを使うタイプで、自分の名前の書いてあるタイムカードをタイムレコーダーに差し込むとその時刻が記録されます。新しいタイプだと特に操作をしなくても時間を記録してくれるものもあります。

従業員の就業体制を管理する

それぞれの社員が自覚をもって行動してくれれば、効率的な会社運営ができるかもしれません。自由にさせるのも方法の一つでしょう。しかしすべての人が自分で行動できるわけではありません。一定の管理があった方がやりやすい人も多いです。就業規則は管理をするための基準ですが、その通りに仕事をしているかどうかをチェックするアイテムとしてタイムレコーダーがあります。設置すると出勤時間や退勤時間が記録されます。それを見るだけでも自分自身が日々きちんと勤務できているかが把握できます。人によってはただ押すだけで時間をよく見ない人もいます。あまり勤務態度が良くないのであれば、それを正す必要があります。そのためにもタイムレコーダーが使われます。